しつもんする

組手の稽古の指導にて実践し、感じたことです
※組手ではコロナ対策をしっかり行って稽古に励んでおります!

ある生徒さんの動きに注目しました
”相手に近く攻撃をしたのに、前足が着地したとたんにステップバックする”

相手は全く動いていない
攻撃も受けていないので、何のプレッシャーも感じていない様子
逆に攻めては必死

何度か同じことを繰り返していたので”ストップ!”と止めました

攻め手にいくつか質問します
・今、あなたがどのような攻撃をしたか覚えていますか?
・攻撃した後にどのように動いていたか覚えていますか?

ほとんどの人は覚えていないです

・実際はこのような動きをしていたけど、覚えてますか?

言われて気づいてくれます

・何故、そのような動きをしたのですか?

近くと、相手に攻撃をされそうだから…

・もし、相手に近づいたら、どんな動き、攻撃をしたいですか?

実際に動きを見せてくれますが、あいまいな動きが多いです

その動きに対し…
・その場合だと、こうなると思うけど、どうかな?


そんなやりとりの後に、私が伝えたいことを話します

*相手に近づいて、すぐにステップバックする行為は、怖いや恐怖を感じていることがあります
*もうひとつ、何をしてよいのか、わからないということもあります

もし、明確に”これがしたい!”って思っていれば、近づいたら動きも変わってくるでしょう

もし、今自分に何かできることがあれば、ここで説明していることはさほど意味がないかもしれません
しかし、もし自分に何も無いのなら…

大丈夫!
これから考えて作り出せば良いです

今のシュチュエーションを見て、
「もし、自分だったらこうする!」
って思いながら、これからの組手を取り組んでみてほしいです

生徒さんに訴えていることは、自分自身へのメッセージでもあります
いつも同じことをしていないか?
いつも恐怖ばかりに目が行き、思考停止になり、行動を止めていないか?

どんなことかららも、自分の学びにつなげられるように日々精進します
押忍!




余白を残す

指導をしていて、感じることがあります
私の伝えたことへの反応

子供達は、どのように受け取っているのか?
受け取った時の変化はあるか?

目の前に起きていることに対し
指導者がどう反応し稽古を進行するのか?

そんなことを繰り返しながら
毎回稽古指導をしています



質問をしても
すぐに返答できない

一生懸命話しても
何もわからなかったみたい…


すべては私が悪いと思い
どのようにすれば
伝わるのか?

今日も実践にて行動していきます

なりたい大人いる?

子ども達に”しつもん”しました

こんな大人になりたいっていう人いる?

みんなシーンってします
身近な人にいる大人ってどんな人?

やっぱりシーンってしてます

聞いている環境もありますが
大人にはあまり良いイメージが無いようです

子ども達の見解は…
・色々と言う割には、自分はできていない
・いつもえらそうなことを言う
・どうせ怒られる
などなど


子どもの言い分を聞くと、確かにってあります
大人を代表して謝罪しました!


なりたい大人がいないってことは
なりたい人間が身近にいないってことにもなります

そんな環境を作ったのは大人
せめて私から大人としてのお手本となる人間にならないと!
そんな使命感が湧いてきました

目の前の子供たちに、何ができるだろうか?
夢と希望に満ちた未来を描ける子供たちになれるかは
私次第です

一緒に、子供に夢と希望を与えられる大人になりませんか?


 

なぜ?

今年も残すところあと21日!
3週間となりました

皆さま、12月31日にどのような自分になっていたいですか?

どんなことを思い浮かべましたか?

思い浮かべたことには、どんな意味があると思いますか?

また、どんなことを思い浮かべましたか?


是非、”何故”を5回やってみてください!


何故、こんな”しつもん”したのか?
”何故”でしょうか?

また5回繰り返してみてください!
押忍

傾聴

空手の稽古では指導者が道場生へ技や心得を伝えます
技の稽古においては、反復稽古が多かったりすると、小さな子供は退屈になり、じっとしていられないこともあります

もちろん、年齢があがった子供、大人でもそうです
ただの動いているだけ、運動になっては空手の時間がもったいないです

時々、道場生に質問します
・この動きの意味は何だと思いますか?
・この技をどのように解釈していますか?

時には、稽古に関係のないことも聞いたりします
それは空手とは関係ないように見えますが、目の前の人との会話のきっかけ作りの為に色々な切り口で話をすることもあります

技がちゃんとできているから良い…
ではなく、その意味を理解して納得して、追及して行っているか?が大切だと思います

そのためには、まず聞くこと。聴くの方が合っているかもしれません
そして、傾聴すること

目の前の人が、考えを自然に発言できること。
そのためには、良いしつもんを投げかけられること
それこそが、私の使命だと思っています

押忍

振り返り

指導後、振り返り凹むことが多々あります

指導中に感情のまま注意していたことが

怒りも交じってしまったこと…

自制できないのに

人に指導するなんて
もってのほかだと反省しました


そもそも

私が指導をして

生徒たちにどのようになってほしいのか?

そのための準備をどれだけしたのか?


想定内、想定外のことを

どれだけシュミレーションしていたか?


まだまだ

自分に根付いていない
理想の自分があり
ギャップに苦しみます


ギャップを埋めるためには

しっかりとした

準備、行動と振り返り

そして

次へつなげるための
学びを導き出すことだと
思っております


生徒に大人として

どうかかわるか?

どんな大人だったら

心を開けるのか?


まだまだ

理想の自分へは程遠いですが
コツコツ続けていきます

困ったこと

稽古中に子供たちからの要望がある
”先生、何か面白い話をして!”

面白いって言われると、全然出てこない…
ただでさえ面白くない人間なのに…

いきなりハードルが高い要求となるので、そんなときはちゃんと伝える
”いきなりそんなことを言われても人間できないもんだよ~^^”

そこから会話をして、面白い話の流れに持っていけるように心がける


多分、子供たちは面白い話を聞きたいのではなく
なんか関わりたい、先生がどんな反応をするかを見ているのだと思う

これも私の人生修行
ただ技を捌くだけではなく、人間の想いも捌き、滑らかに、軽やかに対応していきたいと思いました

指導において

スーパーキッズ(幼児)クラス、少年部を指導しているときの話
落ち着かない子どもっていますね
集中力や興味が無くなり、技の稽古どころではなくなる状態はよくあること

以前は怒鳴り散らしてました
ここ最近は、その子どのも状態、状況をよく観察しています

じぃーっと見たり、ちょくちょく見たり・・・
話しかけるときも、探りをいれたり、その子どもに興味のある言葉を投げかけてみたり

毎回試行錯誤の連続、経験を重ねてよりよい対応ができるようにします


小さな子どもには、怒るフリをして
コショコショっしてくすぐったりもします
ちょっとやんちゃな態度を取った子どもには・・・
「足つぼマッサージ」をしてあげます

その時の状況を見て、判断や行動をしようとしている時、自分が良い状態であることが大切だと思います
怒りの感情のままでは無く、まずは自分で自分のご機嫌を取ること

失敗もよくありますが、目指すゴールはどのような状態であるのかを考えて行動したいです

反復練習

空手の稽古では、基本稽古にて反復して同じ動作を繰り返し行う稽古法があります
鍛錬を続けないと衰えてしまいます
基本的な事ができていれば、ある程度は応用の動き、技に対応できます

今回、ホームページをリニューアルしました
これも慣れるまで日々触っていないと、新しいやり方を忘れてしまいます
すでに1日触らずにいたら、案の定作業ができなくなっていました

武道もPCも共通する部分は、日々アスリートでいることでしょうか…

とにかく、こちらのブログも技が衰えないための一つの鍛錬だと思い、発信していこうと思いました。
お読みくださり、ありがとうございます

ブログ

ブログを始めました

誠道塾尾張一宮支部 支部長の紺藤です

ホームページをリニューアルしました
日々の稽古指導などで気づいたことを綴り、稽古の様子や私の指導理念などをお伝えしていきます

よろしくおねがいします!押忍